gumi仮想通貨ファンドへ出資し、ブロックチェーン事業へ参入。株価や業績への影響は? ファンド総額は30億円規模で、拡大するICOに注目。

3903 gumiは仮想通貨ファンドに出資し、仮想通貨・ブロックチェーン事業に参入することを、2018年5月30日のプレスリリースで発表しました。

ここではその内容と、株価や業績に与える影響をみていきたいと思います。

gumi仮想通貨ファンドへ出資し、ブロックチェーン事業へ参入。その理由や、会社名、金額、期間などの詳細とは? 

2018年2月1日に合同会社gumi Cryptosを設立済みで、既に複数の米国でのICO案件に投資済みとのことです。

ファンド総額は最大で30百万ドル(≒33億円)で、匿名組合契約の形態をとるため、gumiの出資額については非公開となっています。

存続期間は約3年間で、最大で2年間の延長が可能となっています。

今回出資の理由は仮想通貨・ブロックチェーンに関する将来的な自社コンテンツの開発を見据えて、収益機会の確保を行うとしています。

2017年のICO調達額は3,880百万米ドルから2018年5月時点では8,930百万米ドルに達しており、今後も更なる拡大を見込みます。

⇒【オウケイウェイブ仮想通貨上場で株価10倍超へ

⇒【マネックス、コインチェック買収による株価への影響を解説

gumi仮想通貨ファンドへ出資、共同事業者のMiko Matsumura氏とは?他の出資企業とは? 

gumi CryptosはMiko Matsumura氏を共同事業者として運営しています。

Miko Matsumura氏はアメリカの仮想通貨取引上Evercoinの創業者であり、複数のファンドやVCのパートナーを務め、ICO市場のはじまりから投資を行っている投資家でもあります。

ICOのアドバイザーを務めた企業数は15社で、調達金額は200万ドル以上。

Miko Matsumura氏の経験と人脈を最大限に活用して、ファンドは運営していく予定とのことです。

⇒【オウケイウェイブ、仮想通貨Wowbit上場も株価急落

gumi仮想通貨ファンドへ出資へ、業績や株価への影響とは? 

gumiはプレスリリースにおいて、中長期的には業績向上に寄与するものの、短期的には影響は少ないとして、通期見通しの変更などは行っていません。

仮想通貨事業への参入を発表した2018年5月30日のgumiの9時10分頃の株価は前日比+61円(+6.5%)の1,004円となっており、一時1,013円の高値を付けました。

以下は日足チャートです。

2017年10月以降940円~1,170円レンジの持ち合い相場を形成しており、方向感のない展開が続いていました。

5月29日には937円の安値を付けて下値を切り下げましたが、本日の上昇でレンジ内に戻しており、どちらに抜けるかが注目です。

また2018年3月後半からはレジスタンスラインも引くことができるため、まずはここを上抜けに期待したいと思います。

テクニカルも3本の移動平均線が横ばいで、方向感が無いことを示しています。

⇒【トレンドラインの詳細を解説

⇒【移動平均線の詳細を解説

まとめ 

gumiの仮想通貨事業参入のニュースでは市場ではポジティブに捉えられているようです。

仮想通貨市場全体は低迷していますが、将来性のあるICO案件の見極めによって、自社商品との展開ができるのか注目です。

<こんな記事も読まれています>

⇒【オウケイウェイブ仮想通貨上場で株価10倍超へ

⇒【マネックス、コインチェック買収による株価への影響を解説

⇒【オウケイウェイブ、仮想通貨Wowbit上場も株価急落

⇒【丸井、投資信託の販売を開始へ

⇒【シックスパッド・リファのMTGがマザーズへ上場。

⇒【日経平均株価とドル円相場の相関性について解説

⇒【米国債金利とダウ平均株価の関係性を解説

関連記事

  1. セーブオン2018年8月末で閉店しローソンへ転換。株価への影響とは?メガフランチャイズ契約の内容詳細…

  2. オリエンタルランド2018年9月以降株価上昇・下落の可能性は?ディズニーファストパスのデジタル化を検…

  3. JT(日本たばこ産業)2019年12月決算見通し下方修正。詳細や株価への影響とは?ロシアのたばこ会社…

  4. ライザップ(RIZAP)株価上昇下落の可能性は?2019年3月期決算赤字の影響は?

  5. 燦(サン)キャピタルマネージメントは仕手?2018年10月以降株価上昇・下落の可能性。

  6. フィスコ2018年10月以降株価上昇・下落の可能性は?ザイフ(ZAIF)運営のテックビューロと資本提…

  7. ADK(アサツーディ・ケイ)株価上昇・下落の可能性は?TOBでインサイダー取引の疑い。

  8. スミダ株のインサイダー取引で元社外取締役を逮捕、金額や時期などの詳細とは?株価や業績への影響は?

  9. レオパレス施工物件、建築基準法違反の疑い。不備の内容、対象物件数、建築年数などの詳細と対応方法とは?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP