ファミマに圧縮陳列でドンキ化が成功する理由!?業績アップの起爆剤とは言えないか?

ファミリーマートがドンキホーテの店舗を真似た圧縮陳列を行う実験店舗を開始すると発表しました。

その内容をみていきましょう。

ファミマのドンキ流圧縮陳列はコンビニでも成功するのか?実施時期や店舗数は? 

ファミリーマートを傘下にもつユニー・ファミリーマートホールディングスは2017年にドンキホーテホールディングと提携し、ドンキのノウハウをファミリーマートに導入することを決めました。

実施するのはまず6月1日から立川南通り店と大鳥神社前店、6月29日から世田谷鎌田三丁目店の計3店舗となります。

商品数は5,000種類前後で通常のファミマ店舗より1.5~1.7倍、ドンキが推奨する商品を50%以上陳列する予定となっています。

⇒【ファミマ、Airbnbと業務提携

ファミマが圧縮陳列でドンキ化を実施する理由とは? 短期的には業績への貢献は期待できないか?

ファミマが今回圧縮陳列を行う理由は、競争力の向上にあります。

ドンキの強みである地域のニーズに合わせた商品提案を取り入れることで、競争が激化するコンビニ業界での勝ち残りを狙います。

まずは3店舗での実験になるため、短期的には業績への影響はないと思われますが、実験が成功に終われば、長期的には業績への寄与が期待されます。

ファミマ、商品の圧縮陳列によるドンキ化のニュースを受けて、株価は上昇へ。 

ニュースが発表された2018年5月28日のユニー・ファミリーマートホールディングスの株価は前日比+170円(+1.5%)の11,150円、ドンキホーテホールディングスの株価は前日比+80円(+1.4%)の5,740円と、両社とも実験が好感されて上昇しています。

人気のドンキホーテのノウハウが、われわれに身近なファミリーマートで導入されるというイメージしやすいニュースのため、期待感が強いと思われます。

⇒【株価変動の要因を解説

まとめ 

ファミマは先日のAirbnbとの提携に加えて、今回の圧縮陳列導入と、従来のコンビニの常識を覆すような取り組みを進めようとしています。

圧縮陳列が導入された店舗はどのような感じになるのか、気になりますし、注目は集まりそうですね。

今後業績や株価にどのような影響があるのか、注目していきたいと思います。

<こんな記事も読まれています>

⇒【コンビニ大手3社の株で利益をあげるためのポイントや注目点は?

⇒【みちのく銀行不正融資の詳細を解説

⇒【トヨタリコールによる影響を解説

⇒【日本ガイシ検査不正の詳細を解説

⇒【ソルガム粉飾決算の詳細を解説

⇒【米朝会談中止の株価への影響を解説

⇒【株式投資の真実とは

⇒【初心者に伝えたい株式投資の心構えとは

関連記事

  1. 日経平均株価のチャート解説(2018年5月第3週/5月14日週)

  2. スミダ株のインサイダー取引で元社外取締役を逮捕、金額や時期などの詳細とは?株価や業績への影響は?

  3. SKIYAKI(スキヤキ)株価上昇・下落の可能性。日足・週足で逆三尊形成

  4. レオパレス施工物件、建築基準法違反の疑い。不備の内容、対象物件数、建築年数などの詳細と対応方法とは?…

  5. 大阪地震の影響で日経平均株価は2営業日振りに反落。大阪ガス・クボタなど大阪に本社を置く企業の株価の下…

  6. ソニー中期経営計画発表。吉田新社長が提示した方針や内容詳細とは?株価への影響は?

  7. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

  8. 神戸製鋼所、品質不正問題で家宅捜索へ。その理由や詳細とは?株価や業績への影響とは?

  9. 丸紅2018年10月以降株価上昇・下落の可能性は?年初来高値更新で11年振りに1,000円突破。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP