ダウ平均株価のチャート解説(2018年5月第4週/5月21日週)。25,000ドル突破も週後半は下落調整へ。

3回目のダウ平均株価チャート解説です。

今週のダウ平均株価は先週対比+38ドル(+0.2%)の24,753ドルで引けました。

それでは日足、週足のチャートをみていきましょう。

⇒【日経平均株価2018年5月第3週のチャート解説

⇒【ダウ平均株価2018年5月第3週のチャート解説

ダウ平均株価の日足チャート解説(2018年5月第4週/5月21日週)。高値切り上げで25,000ドル台突入も一旦下落。

今週のダウ平均株価は、月曜日には大幅上昇で節目の25,000ドルを突破しましたが、円高ドル安や米朝首脳会談中止のニュース、自動車関税引き上げなどが材料となり、火曜日以降は下落、小幅高で引けています。

高値切り上げは完成しているため、2018年4月2日安値23,344ドルからの上昇は継続しています。

テクニカルには75日移動平均線(水色)が位置する24,700ドル近辺で下げ止まるかがポイントとなります。

早急に25,000ドル台まで戻すことができるかに注目です。

⇒【米朝会談中止の株価への影響を解説

⇒【ダウ平均株価、S&P 500、ナスダック総合指数の違いを解説

ダウ平均株価の週足チャート解説(2018年5月第4週/5月21日週)。5週移動平均線、13週移動平均線で下げ止まるか? 

週足は2週連続で陰線引けとなりました。

テクニカルには26週移動平均線(水色)は下抜けていますが、すぐ下の5週移動平均線(ピンク色)が位置する24,600ドル近辺、13週移動平均線(緑色)が位置する24,500ドル近辺で下げ止まるか注目です。

⇒【日経平均株価とドル円相場の相関性について解説

⇒【米国債金利とダウ平均株価の関係性を解説

まとめ 

25,000ドル台に一時的にのせて高値切り上げは完成するも、円高ドル安、北朝鮮リスク、自動車関税引き上げを材料に下落調整となりました。

早急に25,000ドル台を回復できるのかに注目です。

<こんな記事も読まれています>

⇒【日経平均株価2018年5月第4週のチャート解説

⇒【トヨタリコールによる影響を解説

⇒【日本ガイシ検査不正の詳細を解説

⇒【日経平均株価2日続落の詳細を解説

⇒【ソルガム粉飾決算の詳細を解説

⇒【米朝会談中止の株価への影響を解説

⇒【ダウ平均株価の詳細を解説

⇒【S&P 500の詳細を解説

⇒【ナスダック総合指数を解説

関連記事

  1. 日経平均株価のチャート解説(2018年5月第4週/5月21日週)。一時23,000円を突破もドル安円…

  2. 日経平均株価のチャート解説(2018年5月第3週/5月14日週)

  3. ダウ平均株価のチャート解説(2018年5月第3週/5月14日週)。25,000ドルを目前に下落。

  4. 日経平均株価のチャート解説(2018年5月第2週/5月7日週)

  5. ダウ平均株価のチャート解説(2018年6月第3週/6月18日週)。中国との貿易戦争懸念から下落へ。

  6. 日経平均株価のチャート解説(2018年6月第1週/6月4日週)。再度23,000円をトライできるか?…

  7. ダウ平均株価のチャート解説(2018年5月第5週/5月28日週)。イタリア政局混乱で下落も、再度25…

  8. 日経平均株価2日連続大幅下落。その要因とは?ドル安円高やアメリカの車関税25%引き上げ検討など。今後…

  9. 大阪地震の影響で日経平均株価は2営業日振りに反落。大阪ガス・クボタなど大阪に本社を置く企業の株価の下…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP