BPS(1株当たり純資産)の詳細を初心者にわかりやすく解説。株価と比較して割安かを判断、PBR(株価純資産倍率)と同じ考え方?日経平均株価採用銘柄のランキング。

ファンダメンタル分析で企業の価値をはかる指標に、BPSというものがあり、覚えておくと便利な指標です。

ここではBPSについてみていきましょう。

⇒【ファンダメンタル分析とテクニカル分析を解説

⇒【貸借対照表の見方を解説

BPS(1株当たり純資産)とは?計算・算出方法は? 

BPSとは、1株当たりの純資産(総資産 - 負債)のことで、英語のBook-value Per Shareの略です。

BPSは、純資産を発行済み株式数で割ることで算出できます。

BPS = 純資産 ÷ 発行済み株式総数

純資産の絶対額を比較したい場合は貸借対照表の金額を見れば済みますが、株価に純資産の金額がどう反映されているかを把握することはできません。

その際にBPSを用いれば、株価が割安か判断する1つの材料となります。

⇒【時価総額を解説。日本・世界のランキングは?

⇒【株価について解説

BPS(1株当たり純資産)が株価より安いとは何を意味するのか?実はPBRと同じ? 

BPSは会社の解散価値を表す指標でもあります。

つまり、もし会社が何らかの理由で事業を清算するとなると株主が1株あたり受け取れる金額を表しています。

したがってBPSは株価とそのまま比較することで、株価が割安かどうかを判断する材料にもなり、実はこれはPBRと同じ考え方となります。

そしてこのBPSと株価の比較は、PBRを算出することにもなります。

PBR(株価純資産倍率) = 時価総額 ÷ 純資産 = 株価 ÷ BPS(1株当たり純資産)

もしPBRが1倍以下であれば、企業の解散価値の方が高くなるため、理論上は株価が割安と判断されます。

ただ株価は企業の将来の成長性や収益性なども反映して形成されているため、PBRはあくまで純資産価値からの株価の判断ということになります。

⇒【PBRの詳細を解説

⇒【PERの詳細を解説

日経平均株価採用銘柄のBPSランキング。JR東海、ファーストリテイリングが上位。平均値は2,296円。 

日経平均採用225銘柄のBPSランキングをみていきましょう。

以下は2018年5月11日時点のBPS上位10社で、株価とPBRも記載しています。

1位はJR東海でBPSは15,603円、2位はファーストリテイリングでBPSは7,810円となっており、JR東海が大きく離しての1位となっています。

日経平均株価採用銘柄の平均値は2,296円ですので、両社とも平均の数倍となっています。

PBRを見ていくと上位10社の内、ファーストリテイリングとファナックを除く2社のPBRは比較的に低めとなっています。

⇒【日経平均株価の詳細を解説

⇒【日経平均株価とドル円相場の相関性について解説

まとめ 

ファンダメンタル分析では、BPS、PBR、PERなどさまざまなアルファベットの指標が出てきます。

どれも重要な指標ですので、意味や使い方は覚えておくと良いでしょう。

テクニカル分析で株式投資を行う投資家も、これらの指標を使っていくとトレードの幅も広がり、利益を出せる確率はあがっていくと思います。

<こんな記事も読まれています>

⇒【PERの詳細を解説

⇒【PBRの詳細を解説

⇒【ROEの詳細を解説

⇒【損益計算書の見方を解説

⇒【貸借対照表の見方を解説

⇒【株で失敗しないコツ!過去検証の方法を解説

⇒【株で失敗しないコツ!取引履歴の重要性と方法を解説

関連記事

  1. 自己資本比率、流動比率、当座比率の見方。貸借対照表(バランスシート)で必ず確認すべき3つの指標。任天…

  2. 【ファンダメンタルズ分析】株式投資で儲ける方法・コツ・知識をわかりやすく解説。

  3. 売上総利益率、売上高営業利益率、売上高経常利益率の見方。算出方法や目安は?損益計算書で必ず確認すべき…

  4. PER(株価収益率)の詳細を初心者にわかりやすく解説。算出方法や適正値とは?日経平均株価は15倍が目…

  5. 発行済株式数の詳細を初心者にわかりやすく解説。流動性に影響を与え、時価総額、EPS(1株当たり利益)…

  6. ROA(総資産利益率)の詳細を初心者にわかりやすく解説。計算方法や目安は?10%以上で優良企業。日経…

  7. EPS(1株当たり利益)の詳細を初心者にわかりやすく解説。計算方法とは?株価との比較でPER(株価収…

  8. 固定比率と固定長期適合率の見方。貸借対照表(バランスシート)で必ず確認すべき2つの指標。任天堂を例に…

  9. 2017年テンバガー達成銘柄ランキング。銘柄数とは?証券市場や時価総額などの特徴や傾向など詳細を解説…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP