プロキシーファイト(委任状争奪戦)の詳細を初心者にわかりやすく解説。事例は大塚家具のお家騒動。富士フイルムのゼロックス買収でも可能性あり。

株式投資は、企業の株主となって会社の議決権=経営に関わる権利を得ることも意味します。

なかなか個人のレベルでは全体の株数に対する割合は微々たるもので、実際に経営に影響を与えることはできませんが、大株主レベルになると一定の影響力を持ちます。

日本では株主が経営に口出しすするケースは非常に少ないのですが、欧米では大株主と経営陣の意見が対立することがあります。

このように株主と経営陣の意見が対立した際に起こるものとしてプロキシーファイトというものがありますので、詳細をみていきたいと思います。

⇒【株式市場の取引時間について解説

⇒【株式投資のメリット・デメリットを解説

プロキシーファイト(委任状争奪戦)とは? 

プロキシーファイトとは、株主総会において経営陣と意見が対立した株主が、自らの主張を議決するために、他の株主の議決権取得で争うことです。

日本語では委任状争奪戦といいます。

日本ではあまり例がないため聞きなれない言葉だと思いますが、欧米では経営に口出しをする物言う株主が多く、プロキシーファイトが起こることも多いです。

⇒【M&Aの詳細を解説

⇒【アーンアウトの詳細を解説

日本でのプロキシーファイト(委任状争奪戦)事例は? 2015年大塚家具のお家騒動。

日本でのプロキシーファイトの事例としては2015年の大塚家具があります。

親後でのバトルであり、連日メディアで報道されたことから、記憶に残っている人も多いかもしれません。

創業者で約18%の株主、当時会長であった父・大塚勝久氏と娘で約10%の株主、当時社長であった大塚久美子氏との争いでした。

過去にも業績悪化を主な理由として、2人で社長の就任・退任を繰り返していました。

結果は当時社長である久美子氏が出した提案が出席議決権の61%の賛成を得て、久美子氏の続投が決定、勝久氏は退任に追い込まれました。

⇒【損益計算書の見方を解説

⇒【貸借対照表の見方を解説

ゼロックス株主が富士フイルムの買収受け入れに反発し、プロキシーファイト(委任状争奪戦)に発展する可能性も。 

最近では、2018年1月に富士フイルムがゼロックスの買収発表に対して、ゼロックス株主が過小評価されていると反発してプロキシーファイトに発展する可能性がありました。

しかしながら最終的には経営陣が株主の意見を受け入れ、富士フイルムの出資受け入れ撤回と経営陣の刷新に合意したため、株主総会でのプロキシーファイトはなくなったとみられています。

⇒【富士フイルム、ゼロックス買収撤回の詳細を解説

⇒【武田のシャイアー買収による株価への影響を解説

まとめ 

日本では以前からグループ会社間などの株式の持ち合いで、株主は経営に口出しをしないという流れがありましたが、最近は外国人投資家も多くなり、経営陣と意見が対立することも増えてきています。

今後の流れとしても経営に口を出す株主が増えてくる傾向となる可能性が高いと思います。

株主投資をすることは、株主となって経営に関われる権利があるということは覚えておいてください。

<こんな記事も読まれています>

⇒【武田のシャイアー買収による株価への影響を解説

⇒【オウケイウェイブ仮想通貨上場で株価10倍超へ

⇒【マネックス、コインチェック買収による株価への影響を解説

⇒【トヨタ過去最高益による株価への影響を解説

⇒【富士フイルム、ゼロックス買収撤回の詳細を解説

⇒【株で失敗しないコツ!取引履歴の重要性と方法を解説

関連記事

  1. 株式投資は「負けないこと」が重要!?相場で利益を上げ続けるコツを解説。

  2. 証券会社が倒産したら現金や株式はどうなるのか?初心者の疑問をわかりやすく説明。分別管理制度や日本投資…

  3. ストップ高・ストップ安、株価の値幅制限の詳細を初心者に解説!FXや仮想通貨取引との違いは?

  4. 株式持ち合い解消の理由や意味することとは?持ち合い比率は低下中。株価や業績への影響は?資生堂、日本瓦…

  5. 信用取引の詳細やメリット・デメリットを解説。株式投資の中級者は検討してみよう!

  6. 株式投資で勝つための戦略とは?安定的に利益をあげるための方法を解説。

  7. 年初来高値、年初来安値の詳細を初心者にわかりやすく解説。株価の時点によって対象期間が異なる?ローソク…

  8. 株式投資での決算発表の重要性。株価への影響や値動きは?

  9. 友好的TOB(株式公開買付)・敵対的TOBの詳細を初心者にわかりやすく説明。買収防衛策とはどのような…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP