ダウ平均株価のチャート解説(2018年5月第2週/5月7日週)。7日連続陽線で本格的な上昇開始となるか?

今週からダウ平均株価のチャート解説も行っていきたいと思います。

今週のダウ平均株価は先週対比+569ドル(+2.3%)の24,831ドルと大きく上昇して引けました。

史上をけん引しているのは世界の時価総額第1位のアップルで、時価総額は1兆ドル(約109兆円)目前となっています。

それではチャートをみていきましょう。

⇒【ダウ平均株価の詳細を解説

⇒【時価総額を解説。日本・世界のランキングとは?

2018年5月第2週/5月7日週のダウ平均株価日足チャートの値動き。7日連続陽線で底打ちを試す展開。 

今週のダウ平均株価は5営業日全て陽線で、先週から7営業日連続陽線となっています。

2018年4月2日安値23,344ドルからの底打ちを試している状況で、今週は75日移動平均線(水色)を上抜けてきました。

まだ10日移動平均線(ピンク色)、25日移動平均線(緑色)が下に位置しているため、明確な上昇トレンドとはなっていませんが、75日移動平均線や25日移動平均線でサポートするか注目です。

一旦の上値のめどとしては赤線で引いた2018年4月17日高値24,858ドルに迫っており、高値切り上げを完成してほしいところです。

その次は2018年3月12日高値25,449ドルですが、少し値幅があるので簡単ではないかもしれません。

⇒【移動平均線の詳細を解説

⇒【ゴールデンクロス、デッドクロスを解説

2018年5月第2週/5月7日週のダウ平均株価週足チャートの値動き。陽線引けの大幅上昇。 

週足は3週連続陰線から今週はようやく陽線となりました。

過去2週も陰線ではあったものの、50週移動平均線(オレンジ色)付近がサポートとなり大きな下ヒゲを付けていますので、徐々に上昇に向かっていると考えることができます。

26週移動平均線(水色)も上回ってきましたので、今後5週移動平均線(ピンク色)や13週移動平均線(緑色)とゴールデンクロス完成を期待したいです。

⇒【ダウ平均株価、S&P 500、ナスダック総合指数の違いを解説

⇒【ファンダメンタル分析とテクニカル分析を解説

まとめ 

ようやくダウ平均株価も7日連続陽線で底打ちを試す展開となってきました。

日経平均株価に与える影響は大きいので、是非上昇に向かってほしいです。

来週以降の値動きのも注目していきましょう。

<こんな記事も読まれています>

⇒【日経平均株価2018年5月第2週のチャート解説

⇒【トヨタ過去最高益による株価への影響を解説

⇒【SUBARU18年3月期22%減益。株価への影響は

⇒【三井不動産4期連続最高益で株価は上昇基調

⇒【武田のシャイアー買収による株価への影響を解説

⇒【オウケイウェイブ仮想通貨上場で株価10倍超へ

⇒【スルガ銀行不正融資認める。株価や業績への影響は

⇒【東海カーボン業績上方修正を受けた株価の動きを解説

関連記事

  1. 日経平均株価2018年10月以降上昇・下落の可能性は?大幅上昇で23,000円を突破、年初来高値更新…

  2. ダウ平均株価のチャート解説(2018年5月第3週/5月14日週)。25,000ドルを目前に下落。

  3. ダウ平均株価のチャート解説(2018年6月第3週/6月18日週)。中国との貿易戦争懸念から下落へ。

  4. 日経平均株価のチャート解説(2018年5月第3週/5月14日週)

  5. ダウ平均株価のチャート解説(2018年5月第4週/5月21日週)。25,000ドル突破も週後半は下落…

  6. 日経平均株価のチャート解説(2018年4月23日週)

  7. 日経平均株価のチャート解説(2018年6月第2週/6月11日週)。23,000円の壁厚く、突破には時…

  8. 日経平均株価のチャート解説(2018年5月第5週/5月28週)。23,000円の壁は厚く、突破するに…

  9. 日経平均株価2日連続大幅下落。その要因とは?ドル安円高やアメリカの車関税25%引き上げ検討など。今後…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP