貸借対照表(バランスシート)の見方を初心者にわかりやすく解説。会社の資産、負債、純資産の項目を説明。株式投資のファンダメンタル分析で重要な情報が満載。

株式投資でファンダメンタル分析を行う場合は、決算書を理解して分析を行います。

特に企業が保有している資産や負債の状況を確認するには、決算書のうち、貸借対照表を見る必要があります。

ここでは貸借対照表についてみていきましょう。

⇒【ファンダメンタル分析とテクニカル分析を解説

貸借対照表(バランスシート)とは?一時点での会社の資産、負債、純資産の状況が記載。任天堂の貸借対照表をみてみよう。 

貸借対照表とは、決算期における企業が保有している資産と負債の状況を表したものです。

貸借対照表は大きく左右2か所に分かれており、左側に資産、右側に負債と純資産(資産から負債を引いたもの)が記載されています。

左右の項目が必ず一致することから、英語ではバランスシート(B/S)といいます。

資産 = 負債 + 純資産

以下は7974 任天堂の連結貸借対照表(2018年3月31日時点)を簡素化したものです。

資産、負債、純資産がどこに記載されているか、位置関係を把握してください。

⇒【決算発表について解説

貸借対照表の資産の部をみていこう。調達資金を何で保有しているかを表す。流動と固定とは?記載順番のルールとは? 

それでは貸借対照表の資産の部をみていきましょう。

左側の青で囲っている部分になります。

資産の部では、会社が調達した資金を何で保有しているかを表しています。

資産の中でも1年以内に現金化できる資産を「流動資産」、1年以上の長期にわたって保有する資産を「固定資産」といいます。

原則現金化しやすい順に上から並んでいますので、流動資産が固定資産より上、流動資産の中でも現金及び預金が最初に記載されています。

貸借対照表の負債の部をみていこう。他人資本で返済が必要。流動と固定とは?記載順番のルールとは? 

貸借対照表の負債の部をみていきましょう。

右上の緑で囲っている部分になります。

負債の部では、他人から借りた返済が必要なお金を表しています。

負債の中でも1年以内に返済が必要な負債を「流動負債」、1年以上の長期にわたって返済が必要な負債を「固定負債」といいます。

原則返済期日が早い順で上から並んでいますので、流動負債が固定負債より上、支払手形及び買掛金が最初に記載されています。

貸借対照表の純資産の部をみていこう。返済不要の自己資本、会社の財産。 

貸借対照表の純資産の部をみていきましょう。

右下のオレンジで囲っている部分になります。

純資産は投資家から調達した資金や過去からの利益の累計を表し、負債とは違って返済の必要がありません。

純資産がマイナスの場合は債務超過で財産より負債の方が多いということになり、倒産のリスクが高くなります。

純資産は株主に関わる「株主資本」、それ以外の「その他包括利益累計額」、任天堂以外が保有している子会社の持分である「非支配株主持分」に分かれています。

まとめ 

貸借対照表は難しいと思われがちですが、まずは資産、負債、純資産がどこに記載されているのを把握して、それぞれの意味を大雑把に理解できれば問題ありませんし、何回か見れば注目すべきポイントもわかってくると思います。

貸借対照表には、株価に影響を与える重要な情報が記載されていますので、見方を覚えて目を通してみてください。

<よく読まれています>

⇒【決算発表について解説

⇒【ファンダメンタル分析とテクニカル分析を解説

⇒【日本と世界の時価総額ランキング。仮想通貨との比較も。

関連記事

  1. ROA(総資産利益率)の詳細を初心者にわかりやすく解説。計算方法や目安は?10%以上で優良企業。日経…

  2. 売上総利益率、売上高営業利益率、売上高経常利益率の見方。算出方法や目安は?損益計算書で必ず確認すべき…

  3. 自己資本比率、流動比率、当座比率の見方。貸借対照表(バランスシート)で必ず確認すべき3つの指標。任天…

  4. PBR(株価純資産倍率)の詳細を初心者にわかりやすく解説。算出方法や目安は?日経平均採用銘柄のランキ…

  5. キャッシュフロー計算書の見方を初心者にわかりやすく解説。黒字倒産を見抜くための重要な決算書。

  6. 【PSR(株価売上高倍率)】をわかりやすく解説。おすすめの使い方や目安とは?

  7. ROE(自己資本利益率)の詳細を初心者にわかりやすく解説。計算方法や目安は?PER、PBRとの関係性…

  8. PER(株価収益率)の詳細を初心者にわかりやすく解説。算出方法や適正値とは?日経平均株価は15倍が目…

  9. 固定比率と固定長期適合率の見方。貸借対照表(バランスシート)で必ず確認すべき2つの指標。任天堂を例に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP