【SBI証券】筑邦銀行とのリアルタイム入金サービス提供開始。手数料無料で買付余力に即時反映。

「SBI証券」は2019年3月4日(月)から「筑邦銀行」とのリアルタイム入金サービスを開始しました。「筑邦銀行」の普通預金口座を保有していれば、「SBI証券」に手数料無料で入金可能となり、買付余力に即時反映されます。

ここでは「SBI証券」「筑邦銀行」とのリアルタイム入金サービス提供開始についてみていきたいと思います。

「SBI証券」「筑邦銀行」リアルタイム入金サービス 

「筑邦銀行」から「SBI証券」へのリアルタイム入金サービス利用可能時間は365日7:00~21:00となっています。証券取引所の取引時間外にも対応しており、買付余力に即時反映されるため、時間外取引や夜間取引にも対応可能です。

利用開始には「SBI証券」のサイトから「筑邦銀行」の普通預金口座を振替口座として登録する必要があります。登録時に即時に完了するため、リアルタイム入金サービスはすぐに利用することができます。「筑邦銀行」のインターネットバンキング登録は不要であり、キャッシュカードのみで登録可能です。

「SBI証券」リアルタイム入金サービス対応金融機関 

「SBI証券」でリアルタイム入金サービスに対応している金融機関は、以下の10行となります。

引用:SBI証券

「SBI証券」即時入金サービス 

リアルタイム入金と似たようなサービスに即時入金というものがあり、「SBI証券」で即時入金に対応している提携金融機関は以下の13行です。即時入金を利用するためには、提携金融機関でインターネットバンキングの契約が必要であり、その点はリアルタイム入金とは異なるので注意が必要です。即時入金も振込手数料は無料、買付余力への反映は即時で、利用可能時間は24時間となっています(システムメンテナンス中を除く)。

引用:SBI証券

「SBI証券」はおすすめ 

「SBI証券」は400万以上の口座数、預り資産12兆円以上とネット証券会社では最大規模となっています。大手証券会社と比較すると「SBI証券」の手数料は大幅に安く、これから株式投資をはじめるのであればおすすめです。

サイトやチャートなどのソフトも使いやすく、株式投資に関するレポートも豊富で多くの個人投資家から支持されています(「SBI証券」の口座開設はこちら)。

引用:SBI証券

まとめ 

「SBI証券」は2019年3月4日(月)から「筑邦銀行」とのリアルタイム入金サービス提供を開始しました。リアルタイム・即時入金サービスに対応している金融機関の数も増え、ますます使い勝手が良くなっています。

ネット証券会社で口座数最大、多くの個人投資家から支持されている証券会社ですので、口座開設しておくことをおすすめします。

⇒【SBI証券で口座開設

<こんな記事も読まれています>

⇒【「楽天証券」夜間取引取扱い開始
⇒【「DMM株」IPO銘柄取扱い開始
⇒【「マネックス証券」口座開設方法
⇒【「楽天証券」口座開設方法
⇒【マネックス証券で口座開設
⇒【松井証券で口座開設
⇒【「Funds」に口座開設する(無料)

関連記事

  1. 【マネックス証券】口座開設方法を初心者にわかりやすく解説。メリットや魅力は?

  2. 初心者が失敗しないための証券口座の開設方法 ~売買手数料とサイトの使いやすさに注目しようȃ…

  3. 日経新聞(日経テレコン)を無料で読む方法。楽天証券に口座開設するだけで、購読料を節約することが可能。…

  4. 【Funds(ファンズ)】投資初心者にわかりやすく解説。手数料やメリット・デメリットは?

  5. 【楽天証券】国内現物株式の夜間リアルタイム取引を開始、取引可能時間は業界最長でおすすめ

  6. 「特定口座」と「一般口座」の違いをわかりやすく解説。源泉徴収あり・なしはどっちがおすすめ?

  7. 「つみたてNISA」でおすすめの証券会社は?SBI証券と楽天証券が銘柄数は最多。

  8. 【DMM株】2019年2月1日からIPO取扱い開始。完全平等抽選、手数料無料でおすすめ。

  9. 【楽天証券】口座開設方法を初心者にわかりやすく解説。メリットや魅力は?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP