「ハウステンボス」東証上場の時期や目的は?親会社HIS、中国企業の出資受け入れは中止。

長崎県佐世保市にあるテーマパーク「ハウステンボス」が東京証券取引所(東証)への上場準備を開始することが明かになりました。上場までは少なくとも2年以上は要する見込みで、株式上場によって知名度向上と社員のモチベーションアップを狙います。

ここでは「ハウステンボス」の株式上場についてみていきたいと思います。

⇒【サンリオ下請法違反の株価への影響

「ハウステンボス」株式上場 

「ハウステンボス」の入場者数は足元では伸び悩んでおり、打開策を模索している状況です。東証に上場することによって知名度が向上し、入場者数の増加につながることや、社員のモチベーション向上でよりよいサービスを提供することを期待しています。

上場するのは最短で2021年~2022年とこれから準備を進めていく段階となっています。今後の状況次第では上場を断念することもあるかもしれません。

「ハウステンボス」株主構成 

「ハウステンボス」の資本金は15億円で株式の66.7%を旅行代理店大手のHISが保有しています。残りの33.3%は九州電力、JR九州、西部ガスなど福岡の有力企業5社が保有。

2019年1月には中国人観光客取り込みのため、中国の投資会社である復星集団(フォースんグループ)が24.9%出資する方向で話を進めていましたが、最終的に出資は見送りとなりました。

⇒【HISハワイ結婚式ツアードタキャンの影響

ディズニー、USJの状況 

同じテーマパークでは「オリエンタルランド」が運営する東京ディズニーリゾートが、大規模な拡張を控えています。2020年には東京ディズニーランド、そして2022年には東京ディズニーシーを約2,500億円を投じて拡張し、入場者数増加を狙います。

また大阪にあるユニバーサルスタジオジャパン(USJ)も新エリアを続々とオープンさせ、2017年からは東京ディズニーリゾートを抜いて来場者集は2年連続1位となっています。2020年には任天堂マリオエリアがオープンする予定となっており、テーマパークも激しい競争が続いていきそうです。

⇒【2022年東京ディズニーシー拡張へ

「ハウステンボス」の状況は厳しい 

「ハウステンボス」は立地的にも東京ディズニーリゾート、USJと比較しても行きにくい場所に位置しており、2大テーマパークの拡張によって今後ますます厳しい状況が続いてく可能性があります。

入場者数増加に向けた施策として中国資本の受入れを検討していましたが、その話も流れ、今後新たな策を投じる必要があるでしょう。拡張するにも多額の資金が必要となりますので、そのために株式上場を狙っているとも考えられます。

⇒【JR九州、株価上昇・下落の可能性は?

まとめ 

「ハウステンボス」が知名度向上と従業員の士気を高めるために、東証への上場準備をはじめることが明かになりました。入場者数が伸び悩んで苦戦している中、競合の東京ディズニーリゾート、USJは拡張の予定があり、今後ますます厳しい状況になることが予想されます。

中国資本受け入れの話が無くなった今、「ハウステンボス」と親会社のHISがどのような対策を打つのか注目です。

<こんな記事も読まれています>

⇒【HISハワイ結婚式ツアードタキャンの影響
⇒【ディズニー、ファストパスデジタル化へ
⇒【パチンコ業界「東京オリンピック」で倒産急増?
⇒【串カツ田中キャッシュレス化を進めない理由
⇒【レオパレス倒産の可能性
⇒【KDDIがカブコムをTOB
⇒【「ラサ工業」押し目買いのタイミング
⇒【「大東建託」アパートオーナーとトラブル
⇒【タカタの元社員がインサイダー取引

関連記事

  1. 三井不動産4期連続最高益で株価は上昇基調に。ミッドタウン日比谷開業の影響にも期待。

  2. LINE(ライン)株価大幅続伸へ。割安感・LINEペイへの期待感が要因。決算や株価への影響とは?日足…

  3. 大塚家具株価上昇・下落の可能性は?2018年12月期中間決算は赤字。プロキシーファイトで敗れた父親・…

  4. テリロジーは仕手株?山田亨(トンピン)氏が大量保有報告書を提出。今後の値動きは?

  5. スシロー2019年2月以降株価上昇・下落の可能性。働き方改革で店舗一斉休業の影響は?

  6. 韓国仮想通貨取引所大手「ビッサム」サイバー攻撃で約35億円の仮想通貨リップルなど流出へ。「コインレイ…

  7. マクドナルド株価上場来高値更新。新メニュー好調、5月既存店売上高は30ヶ月連続で前年上回り、業績上振…

  8. 串カツ田中2018年9月以降株価上昇・下落の可能性は?全面禁煙化、営業時間変更の影響は?8月の既存店…

  9. 武田のシャイアー買収による株価への影響は?巨額融資と新株発行を嫌気してチャートは下降トレンドを形成。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP