TATERU(タテル)2日連続のストップ安、株価はどこまで下落するのか?スルガ銀行との比較は?融資不正は特別調査委員会を設置して調査。西京銀行との関係は株主で、業務提携も検討?

西京銀行に対して顧客の融資残高を改ざん・水増しをし、見せ金を無利息で融資していたことが報道されたTATERUの株価は、2日連続のストップ安となっています。

ここではTATERUの週足チャートから、株価がどこまで下落する可能性があるのか、見ていきたいと思います。

⇒【TATERU不正融資に関与、株価への影響は?

TATERU、週足チャートで目安となる節目の安値とは? 

以下はTATERUの週足チャートです。

2日連続のストップ安により、2018年9月4日終了時点で今週の週足は700円の下落、下落率は43.6%にのぼります。

週足レベルで見ると次に意識すべき安値は、2017年5月2日に付けた784円。9月5日以降もストップ安が続くようであれば、一気に下回ることとなり、ここを下回るようだと2017年8月19日に付けた601円がターゲットとなってきます。

600円を割り込むことになれば、上場時の安値258.8円まで、節目となる価格帯はなさそうです。

現時点では報道内容のインパクトが大きすぎるため、株価は大きく変動する可能性が高く、安値を形成して落ち着くまでは様子見をした方がよさそうです。

⇒【ストップ高・ストップ安、株価の値幅制限を解説

TATERUとスルガ銀行の株価の動きは似ている? 

株価の動きだけに注目すれば、同じく不正融資が問題となっているスルガ銀行と同じような動きをする可能性はあるかもしれません。

スルガ銀行の2018年の年初来高値は1月10日に付けた2,569円。一方で年初来安値は8月23日に付けた557円。

TATERUの2018年の年初来高値は4月3日に付けた2,549円。一方で年初来安値は9月4日に付けた906円。

発行済み株式総数が異なるため、スルガ銀行の時価総額1,346億円、TATERUの時価総額は804億円となっているが、単純に株価だけを比較すれば、スルガ銀行の安値がTATERUの安値のターゲットとなってもおかしくはないかもしれません。

ただスルガ銀行は実際に不正融資を行っており、貸し倒れ損失が発生する可能性が高くなっているが、TATERUは不正に融資を引き出していたとはいえ、スルガ銀行とは違って直接的に業績に影響を与えるような損失が発生する可能性は低そうです。

あるとすれば不正に融資を引き出したことで、投資家から損害賠償を請求されることであるが、現時点でその影響額を試算することができないが、TATERUの2018年12月決算見通しの売上高は766億円であり、スルガ銀行の不正融資1兆円規模と比較すると、小さい金額になりそうです。

そう考えると今の株価の売られ方は、過剰に反応しすぎていると言えるかもしれません。

以下はスルガ銀行とTATERUの日足チャートです。

⇒【スルガ銀行倒産・静岡銀行との合併の可能性は?

TATERUと西京銀行の関係とは? 

TATERUは西京銀行からの融資を利用して、アパートの販売を行っていますが、TATERUは西京銀行の株主であることが明かになっています。

2017年3月に西京銀行は第三者割当増資を実施、TATERUはそれに応じる形で第三種優先株式を100万株保有しています。

2018年3月期には西京銀行はTATERUに対して2,500万円の配当をしています(詳細はこちら)。

また西京銀行は2018年3月27日に、TATERUと不動産投資型クラウドファンディング事業を共同で行っていくべく、業務提携を検討することを発表しています。

これらの事実からもTATERUと西京銀行は相当近い関係にあったことが明かでしょう。

TATERUは特別調査委員会を設置して、不正行為があったのかを調査していくことを発表しています(詳細はこちら)。

⇒【西京銀行とTATERUの関係性とは?

TATERU(タテル)2日連続のストップ安、どこまで下落するのかまとめ 

TATERUの不正行為報道が与えるインパクトは相当大きく、株価は2日連続ストップ安となっています。

現時点ではどこまで売られるのかわからない状況で、しばらくは様子見した方が良いでしょう。

株価だけみると、スルガ銀行と似たような動きをする可能性があり、下値の目安にはなるかもしれません。

<こんな記事も読まれています>

⇒【TATERU倒産の可能性を分析
⇒【西京銀行とTATERUの関係性とは?
⇒【投資用区分マンション価格が上昇した理由は?
⇒【TATERU、特別調査委員会を設置へ
⇒【シノケン、TATERU問題を受け不正行為はないと発表。
⇒【「かぼちゃの馬車」問題を解説
⇒【元FC東京・平山選手「かぼちゃの馬車」被害に
⇒【スマートデイズ黒幕・佐藤太治とは
⇒【TATERU、顧客に見せ金を無利息融資
⇒【スルガ銀行倒産・静岡銀行との合併の可能性は?
⇒【静岡銀行・スルガ銀行のビジネスモデル比較
⇒【スルガ銀行岡野会長、融資を私的流用の疑い
⇒【スルガ銀行、創業家に500億円融資
⇒【株式投資で失敗する人の3つの特徴とは?
⇒【値ごろ感でトレードせずテクニカル分析を活用
⇒【サラリーマンがiDeCoを活用すべき理由

関連記事

  1. あおぞら銀行2018年9月以降株価上昇・下落の可能性は?自前ATM廃止でゆうちょ銀行に置き換え。コス…

  2. KYB2018年11月以降株価上昇・下落の可能性は?免震・制振検査データ改ざんの影響は?

  3. 吉野家2019年1月以降株価上昇・下落の可能性は?決算赤字転落の影響は?

  4. 日本サッカーワールドカップ1次(予選)リーグ突破・決勝リーグ進出の経済効果・金額試算は?日本勝利や本…

  5. ソーシャルレンディングのリスク・危険性。最大手「maneo(マネオ)」に損害賠償請求。

  6. ゼロックス、富士フイルムとの協力解消しアジアで製品販売へ。買収合意破棄後、初のコメント。賠償10億ド…

  7. 積水ハウス2018年8月以降株価上昇の可能性は?男性社員1ヶ月以上の育休完全取得する制度を9月から導…

  8. リンガーハット2018年8月以降株価上昇の可能性は?長崎ちゃんぽん値上げへの理由は国産野菜の価格上昇…

  9. 仮想通貨ビットコインのキムチ・プレミアムとは?国ごと・取引所ごとの価格差を利用した裁定取引(アービト…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP