JT(日本たばこ産業)2018年8月以降株価上昇の可能性は?加熱式たばこ「プルーム・テック」販売400万台突破で業界2位へ。フィリップ・モリスの「IQOS(アイコス)」に迫る。

JT(日本たばこ産業)が販売する低温過熱式のたばこ用デバイス「プルーム・テック」の累計販売量が、業界2位になった可能性が高いことが分かりました。

ここでは「プルーム・テック」販売数の詳細と、JTの株価の動きについてみていきたいと思います。

JT(日本たばこ産業)「プルーム・テック」の販売数量2位へ。首位はフィリップ・モリスの「IQOS(アイコス)」、3位はBATジャパンの「glo(グロー)」。 

「プルーム・テック」の累計販売数量は7月時点で400万台を超えたことを、7月25日にJTが発表しました。業界トップはフィリップ・モリス・ジャパンが販売する「IQOS(アイコス)」が6月に500万台を突破したと見られています。

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(BATジャパン)が販売する「glo(グロー)」は2018年1月に200万台を突破しましたが、まだ400万台は突破していないと思われ、「プルーム・テック」は業界2位となった可能性が高いです。

「プルーム・テック」は2017年末に100万台を突破し、2018年1月から東京都、3月から福岡で販売を開始し、売上は200万台を突破。そして6月からは全国で販売を開始したことから、売上が急増しました。この勢いが続けは首位の「IQOS」を抜くのも時間も問題かもしれません。

JT(日本たばこ産業)株価上昇となるか?「プルーム・テック」販売好調。配当利回りが高く、個人投資家に人気の銘柄。 

JTの2018年7月25日の株価は、前日比▲11円(▲0.4%)の3,001円と、「プルーム・テック」売上好調のニュースに反応はしていません。以下はJTの日足チャートです。

2018年の株価の値動きは、年初を高値として下落傾向となっており、3月以降は3,000円前後での値動きが続いています。JTの2018年12月末の配当は150円が予定されており、現在の株価での配当利回りは約5.0%と非常に高い水準となっています。

配当利回りが高いから、配当を目的とした個人投資家からの関心は高いものの、なかなか株価は上昇することができずに、停滞しています。テクニカルには3本の移動平均線が横ばいとなっており、方向感のない展開となっています。

JT(日本たばこ産業)株価上昇には安値を切り上げたまま、6月22日高値3,244円切り上げを完成を期待。

今後株価が上昇に向かうためには、3月23日安値2,784.5円、4月25日安値2,835.5円、5月30日安値2,901円と安値は切り上げてきているので、このまま安値を維持できるかがポイントとなります。心理的節目となる3,000円を維持したまま、6月22日に付けた高値3,244円を更新するのが理想的な形です。

今回のニュースが株価に影響を与えるかは不明ですが、上昇に向かうことを期待したいです。ただ一方で、配当利回りを目当てとした、信用買い残も積みあがっており、下落に向かう場合はスピードが速くなる可能性があるので、要注意です。

JT(日本たばこ産業)2018年8月以降株価上昇の可能性まとめ 

ついに日本製の低温加熱式たばこデバイス「プルーム・テック」の販売数量が400万台を突破し、首位フィリップ・モリスの「IQOS」に迫る勢いとなっています。このまま首位奪還となるのは時間の問題かもしれません。

JTの株価は3,000円前後で停滞していますが、今回のニュースを材料に上昇に向かうことを期待したいです。

<こんな記事も読まれています>

⇒【JT2019年12月決算見通し下方修正。ロシアたばこ会社Donskoy社買収完了。

⇒【高配当株を長期保有する際の6つのポイントとは?

⇒【株主優待で効率よくお金を貯めるポイントを解説

⇒【日本郵船株価下落で年初来安値更新か?2019年度決算大幅下方修正へ

⇒【海運業界株で利益を上げるためのポイント。日本郵船と川崎汽船の統合の可能性は?

⇒【テンバガーの詳細をわかりやすく解説

⇒【百貨店5社配送料値上げでカルテル、その詳細とは?

⇒【ファミマ、ドンキとのコラボ店好調。株価上昇の可能性は?

関連記事

  1. MTGがIPO、7月にマザーズ上場へ。主力商品はシックスパッド、リファ、MDNA SKINなど。時価…

  2. ライフネット生命株価ストップ高へ。その理由や要因とは?5月新規契約数好調で初の黒字化となるか?株価や…

  3. ポーラ・オルビスホールディングス2018年8月以降株価上昇の可能性は?鈴木社長の株式持分・美術品の相…

  4. 丸井、つみたてNISA対象の投資信託を販売開始へ。販売開始時期などの詳細や証券事業参入の狙いとは?株…

  5. 日通2018年8月以降株価上昇の可能性は?契約社員無期雇用の雇い止めで訴訟に発展する可能性も。201…

  6. QBハウス(ネットホールディングス)2018年8月以降株価上昇・下落の可能性は?2019年2月からヘ…

  7. オウケイウェイブ仮想通貨Wowbit上場決定による株価への影響は?年初から株価は既に10倍へ。

  8. 【ケフィア】干し柿・ヨーグルトのオーナー制度で出資金集めるも債務不履行へ。未払い金は340億円規模?…

  9. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP