伊藤園2018年7月以降株価上昇の可能性は?トマトジュース製法特許でカゴメに敗訴。特許庁の判断は?「理想のトマト」販売や業績・決算への影響は?日足チャートテクニカル分析は?

カゴメが伊藤園のトマトジュース製法に関する特許が無効だと訴えていた訴訟で、カゴメが勝訴したことが2018年6月27日判明しました。競合他社である両社は、どのような内容で争っていたのでしょうか?

ここでは訴訟内容の詳細や、敗訴を受けた伊藤園の株価・業績への影響についてみていきたいと思います。

カゴメが伊藤園に勝訴。トマトジュール製法特許についての訴訟。その詳細とは?特許庁の判断は? 

伊藤園は2013年、トマト以外の果汁や野菜汁を配合しなくても、濃厚な味わいやフルーツトマトのような甘味を再現でき、酸味も抑制できるとして特許を申請しました。カゴメは「濃厚な味わい」「甘味」「酸味」の定義が曖昧だとして、伊藤園の特許の無効を主張しました。しかしながら特許庁は2016年5月に伊藤園の特許は有効との判決を出しました。

カゴメは特許庁の判決を不服として、2016年6月に知財高裁に提訴。ここでは一転してカゴメの主張を指示し、伊藤園の特許は無効との判決が出ました。その後伊藤園が最高裁に上告しましたが、知財高裁判決を支持した形となっています。

今後特許庁がどのような判断をするかに注目です。

伊藤園「理想のトマト」販売の影響は?カゴメを含めた競合他社の動きは?類似品の製造・販売となるか? 

伊藤園は2013年に取得した特許で「理想のトマト」という製品を販売しています。特許庁が伊藤園の特許を無効とすれば、今後競合他社が同様の製品を販売することが可能となり、伊藤園の売上に影響を及ぼす可能性が高いです。

カゴメはこの特許技術を使用した製品の製造・販売は行っていないが、業界の発展のために提訴したとしています。自社の製品に関係のないところで時間と費用をかけて、業界のために行動を起こすというのは、なかなかできることではなく、評価できるポイントです。

伊藤園の業績や株価に与える影響は?2018年7月以降株価上昇の可能性は?日足チャートテクニカル分析は? 

伊藤園は今回の敗訴を受けて、株価にどのような影響を及ぼすのでしょうか?以下は伊藤園の日足チャートです。

伊藤園の株価は2018年に入って順調に上昇しており、6月15日には5,320円の高値を付けました。今回の敗訴のニュースを受けた株価への影響は特に見られていません。最終的には特許庁がどのような判断を下すか次第となり、短期的には今回の判決の影響ははかることが難しくなっています。また、競合他社が同じような製品を販売するのかも不明です。

テクニカルには2018年5月に10日移動平均線(ピンク色)と75日移動平均線(水色)、25日移動平均線(緑色)と75日移動平均線がそれぞれゴールデンクロスを完成し、綺麗な上昇トレンドを形成しています。引き続き上値を試す展開が続くと予想されます。25日移動平均線が位置する4,960円近辺が維持できれば、上昇トレンドは継続するとみてよいでしょう。

伊藤園2018年7月以降株価上昇の可能性まとめ 

注目されていたトマトジュース製法についての訴訟は、カゴメが勝訴し、今後特許庁が伊藤園の特許を無効と判断するか、その発表を待ちたいと思います。現時点で伊藤園の業績や株価に対する影響はなさそうで、伊藤園の株価は上値を試す展開が続くと予想します。

カゴメは自社製品が関係ないにもかかわらず、業界発展のために訴訟まで起こすというのは、評価したいと思います。

<こんな記事も読まれています>

⇒【日立化成品質データ不正の詳細とは

⇒【GEがダウ平均株価から除外へ。構成銘柄一覧は

⇒【ワールドカップの経済効果、日経平均株価やビットコインに与える影響を解説

⇒【東証マザーズ指数年初来安値更新、その要因とは

⇒【日経平均株価3万円到達の可能性は

⇒【東芝2018年7月以降株価上昇の可能性は

⇒【七十七銀行元行員不正発覚。その詳細とは

⇒【三菱UFJモルガン証券、国債取引で相場操縦か

関連記事

  1. ゼロックス、富士フイルムとの協力解消しアジアで製品販売へ。買収合意破棄後、初のコメント。賠償10億ド…

  2. 川金HD2018年11月以降株価上昇・下落の可能性は?免震・耐震装置で検査データ改ざんの影響は?

  3. ジャストプランニング不正行為で鈴木崇宏社長が解任。株価や業績への影響とは?子会社JPパワーの太陽光発…

  4. コメダ珈琲(コーヒー)2018年8月以降株価上昇の可能性は?沖縄に初出店で残すは青森のみ。今年度中に…

  5. 七十七銀行元行員・鈴木翔容疑者逮捕。顧客預金を不正出金・着服で懲戒解雇。金額などの詳細や被害総額は?…

  6. 吉野家2018年7月以降株価上昇の可能性は?2019年度第一四半期決算赤字転落で大幅下落へ。半期、通…

  7. 「ソフトバンク」2019年1月以降株価上昇・下落の可能性は?IPO初値が公開価格割れした影響。

  8. メルカリ時価総額4,000億超えか?公開価格の仮条件決定。東証マザースへの上場日は6月19日。IPO…

  9. 「ハウステンボス」東証上場の時期や目的は?親会社HIS、中国企業の出資受け入れは中止。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP