日経平均株価のチャート解説(2018年4月23日週)

今週の日経平均株価は前週比+305円(+1.4%)で引けました。

また今週で4月の相場は終了し、前月比対比+1,013円(+4.7%)で引けています。

それでは日足、週足、月足のチャートを見ていきましょう。

⇒【日経平均株価の詳細を解説

⇒【ローソク足チャートの種類と使い分けを解説

2018年4月23日週の日経平均株価日足の値動き。 

今週の日経平均株価は4日連続陽線で引けています。

3月26日安値20,347円からの上昇は継続しており、一旦は安値を付けたと言って良さそうな値動きです。

赤線で示した通り、1月23日高値24,129円から5波動3段下げを完成しており、底打ち感のあるチャートとなっています。

レジスタンスとして意識されていた75日移動平均線(水色)も上抜け、10日移動平均線(桃色)と75日移動平均線もゴールデンクロスを完成しています。

25日移動平均線(緑色)と75日移動平均線のゴールデンクロスも完成すれば、より上昇は加速していくでしょう。

次の抵抗として意識されるのは2月27日高値でもある22,500円ライン。今週高値更新できていないため、来週以降の値動きに注目です。

⇒【ローソク足の見方を解説

⇒【移動平均線の詳細を解説

⇒【ゴールデンクロス、デッドクロスを解説

2018年4月23日週の日経平均株価週足の値動き。 

週足の日経平均株価は5週連続陽線で引けています。

26週移動平均線(水色)も上抜け、徐々に上昇相場を形成しつつあります。

一方で青線で示した通り、2016年6月24日安値14,864円から3段上げは終了しているため、2018年1月16日高値24,129円を超えるには、時間を要しそうです。

⇒【順張りについて解説

2018年4月23日週の日経平均株価月足の値動き。 

4月の日経平均株価は陽線で引けています。

青線で示した20,900円前後のラインが安値となって反発しています。

このラインは2000年4月28日高値20,833円、2015年6月30日高値20,952円のレジスタンスとなったラインであり、今回の下落ではサポートラインとして機能していると見ることができます。

月足レベルでは上昇トレンドは崩れてなく、5月以降も上昇継続するか注目です。

⇒【トレンドの詳細を解説

まとめ 

日経平均株価は大きく円安が進行したこともあり、上昇トレンドを形成しつつあります。

5月は2017年度決算発表を控えているため、決算材料次第で23,000円を目指すのか、22,000円を割っていくのか方向性が出ると思います。

<こんな記事も読まれています>

⇒【株式投資のトレードスタイルについて解説

⇒【日経平均株価の詳細を解説

⇒【日経225先物取引の詳細を解説

⇒【日経225miniの詳細を解説

⇒【日経平均株価とドル円相場の相関性について解説

関連記事

  1. 日経平均株価のチャート解説(2018年6月第3週/6月18日週)。大阪地震、米中貿易摩擦懸念で下落へ…

  2. 大阪地震の影響で日経平均株価は2営業日振りに反落。大阪ガス・クボタなど大阪に本社を置く企業の株価の下…

  3. 日経平均株価2018年10月以降上昇・下落の可能性は?大幅上昇で23,000円を突破、年初来高値更新…

  4. 日経平均株価のチャート解説(2018年5月第3週/5月14日週)

  5. 日経平均株価のチャート解説(2018年5月第5週/5月28週)。23,000円の壁は厚く、突破するに…

  6. ダウ平均株価のチャート解説(2018年5月第5週/5月28日週)。イタリア政局混乱で下落も、再度25…

  7. 日経平均株価2日連続大幅下落。その要因とは?ドル安円高やアメリカの車関税25%引き上げ検討など。今後…

  8. ダウ平均株価のチャート解説(2018年5月第4週/5月21日週)。25,000ドル突破も週後半は下落…

  9. 東証マザーズ指数年初来安値更新、バイオ関連銘柄軟調が要因。メルカリなどIPO(新規上場)が組み込まれ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP