日本サッカーワールドカップ1次(予選)リーグ突破・決勝リーグ進出の経済効果・金額試算は?日本勝利や本田のゴールで日経平均株価や仮想通貨ビットコインも上昇?その関連性とは?

2018年6月14日に開幕した4年一度のサッカーの祭典・ワールドカップ。今回はロシアで開催されています。日本は予選リーグ2戦を終了した時点で1勝1分け勝ち点4、セネガルと勝ち点で並んでグループH首位となっています。

前評判の低かった日本代表が思わぬ健闘を見せていることで、経済効果が期待されます。また日本の勝敗が日経平均株価や仮想通貨ビットコインに影響を与えると思われるような関連性も見られています。

ここではサッカーワールドカップの経済効果と、日経平均株価・ビットコインへの影響をみていきたいと思います。

日本サッカーワールドカップ1次(予選)リーグ突破・決勝リーグ進出の可能性は?コロンビア、セネガル戦の試合結果詳細は? 

日本は開幕2ヶ月前にハリルホジッチ監督が電撃解任され、西野監督が就任しましたが、直前に行われた親善試合でガーナ・スイス相手にともに0-2と無得点で負け、ワールドカップへの国民の期待感は低くなっていました。

ワールドカップ前最後のパラグアイとの親善試合では、西野監督就任後はじめて得点をあげ、乾が2得点、香川が1得点と起用に応え、4-2で初勝利。最後の試合でいいイメージを残すことができましたが、それでも準備不足は否めず、ワールドカップの強豪国相手には苦戦するだろうという予想が大半でした。

ところが6月19日に行われた日本のワールドカップ初戦コロンビア戦で、開始早々にコロンビアがハンドでPKを獲得。一発レッドカードで数的優位に立ちました。PKは香川が落ち着いて決め、同点に追いつかれるものの、香川に変わって途中出場した本田のコーナーキックを大迫がヘティングで押し込み、2-1で勝利を収めました。

6月24日に行われた2戦目セネガル戦。ミスから1点を先制されるものの、前半に乾が同点ゴールを決め1-1で前半を折り返しました。後半にセネガルに1点を追加され、再び追いかける立場になると、香川に変わって途中交代した本田が値千金の同点ゴールを決め、2-2の同点で試合終了となりました。

試合は同点でしたが、何度も決定機を作った日本。常に追いかける展開でありながら、2得点で同点まで持っていったのは評価することができます。また今回のワールドカップではじめて、流れの中で得点をあげることができ、チームの状況は明らかに良くなってきています。

3戦目のポーランド戦は6月28日に行われます。日本は引き分け以上で決勝トーナメント進出が決定。負けても同じグループのセネガルがコロンビアに勝利すれば、日本は決勝トーナメント進出が決定。日本がポーランドに負けて、コロンビアがセネガルに勝利すると、日本はセネガルと勝ち点4で並び、得失点差で決勝トーナメント進出が決まります。

日本サッカーワールドカップ1次(予選)リーグ突破・決勝リーグ進出の経済効果 

日本が前回決勝トーナメントへ進出したのは、2010年の南アフリカ大会。この時も前評判は低かったが、ベスト16進出を決め、Jリーグの観客動員数増加やグッズの売上、交通費や飲食費など間接的効果も含めた経済効果は215億円でした。

今回も決勝トーナメント進出を決めれば、同程度の経済効果は見込めると試算されています。南アフリカ大会を上回る、ベスト8以上の成績を収めれば、更なる経済効果が期待されます。日経平均株価は23,000円を前に足踏みしている状況ですが、ワールドカップ効果が消費を促進し、株価底上げに寄与することが期待されています。

日本サッカーワールドカップ勝利で日経平均株価は上昇、本田のゴールで仮想通貨ビットコインも上昇?その関連性とは? 

日本がコロンビアに勝利を収めた翌日の日経平均株価は、前日比+277円と大きく上昇しました。直接的な関連性を説明することはできませんが、日本の勝利は少なからず投資家の心理面にプラスの影響をもたらしたということができそうです。

またセネガル戦で本田が同点ゴールを決めた直後に、下落していた仮想通貨ビットコインの価格が10分間で約3万円(約4%)急上昇しました。こちらも直接的な関連性の説明はできませんが、日本は仮想通貨に投資している投資家の割合が世界的に見ても多く、何らかのプラスの影響をもたらした可能性が高いと見られています。

日本サッカーワールドカップ1次(予選)リーグ突破・決勝リーグ進出の経済効果まとめ 

やはりサッカーワールドカップは多くの国民を惹きつける大会であることを実感しました。前評判通りの結果となった場合は盛り上がらずに終了していた可能性が高いですが、現時点では予想を大幅に上回る、ほぼベストと言える結果を残しています。

日本の勝利や活躍は経済効果のみならず、日経平均株価や仮想通貨ビットコインにプラスの影響を与える可能性があるので、是非とも日本大上には引き続き奮闘を期待したいです。放送時間帯が深夜となるため、寝不足となっている投資家も多いとは思いますが、4年に一度のお祭りですので、最大限楽しんで頂ければと思います。日本代表の活躍に期待しましょう。

<こんな記事も読まれています>

⇒【日経平均株価とドル円相場の相関性について解説

⇒【米国債金利とダウ平均株価の関係性を解説

⇒【韓国仮想通貨取引所「ビッサム」サイバー攻撃で不正流出へ

⇒【オウケイウェイブ、仮想通貨Wowbit上場も株価急落

⇒【オウケイウェイブ仮想通貨上場で株価10倍超へ

⇒【マネックス、コインチェック買収による株価への影響を解説

⇒【スルガ銀行のシェアハウス不正融資問題を解説

関連記事

  1. フィスコ2018年10月以降株価上昇・下落の可能性は?ザイフ(ZAIF)運営のテックビューロと資本提…

  2. ソルガム粉飾決算の疑いで強制調査。その内容詳細とは?株価や業績への影響は? JASDAQに上場。

  3. コンコルディアFG2018年9月以降株価上昇・下落の可能性は?東日本銀行、業務改善命令で顧客に数百万…

  4. ワタミ2018年8月以降株価上昇の可能性は?「ミライザカ」「鳥メロ」など鶏料理をメインとした新業態が…

  5. マルハニチロ2018年8月以降株価上昇の可能性は?さば缶詰の価格を9月1日から約10%値上げへ。需要…

  6. 東日本銀行、金融庁から業務改善命令、その詳細とは?親会社コンコルディアFGの株価への影響は?年初来安…

  7. ビットフライヤー・ビットバンクなど仮想通貨取引所6社に業務改善命令。その詳細とは?日本は登録制をいち…

  8. イオン・フジ2018年11月以降株価上昇・下落の可能性は?四国のスーパーと資本業務提携の影響は?

  9. 積水ハウス2018年7月以降株価上昇の可能性は?土地取引の詐欺被害で株主が阿部俊則会長を提訴。日足チ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おすすめ記事

  1. 「小僧寿し」株価上昇・下落の可能性。債務超過で上場廃止の猶予期間入りへ。
  2. 「FIP投資顧問」行政処分勧告。KAZMAX(カズマックス)サロンへの影響は?
  3. 鳥貴族株価上昇・下落の可能性。2019年7月期決算赤字転落の影響は?
  4. みずほ銀行株価上昇・下落の可能性。2019年3月決算大幅下方修正の影響や原因は?…
  5. 「五洋インテックス」株価上昇・下落の可能性。週足チャート逆三尊形成で反発期待。

人気記事

PAGE TOP